(本店)09:00 - 17:00(花崎店)09:30 - 17:30
(本店)月曜定休(花崎店)木曜定休
2017年07月25日
オーナー様用役立ち情報

不動産投資のメリット・デメリット


賃貸アパート・マンションのオーナー様にとって「投資」という言葉自体慣れ親しんでいないかもしれません。オーナーになる理由は投資より多くが対策の方に重点が置かれているようですが、

不動産投資の主なメリット


不動産投資とは個人が資産を形成していく上で有効な手段の一つです。主なメリットとは、 1,本業が多忙でも兼業できる 2,将来に亘って安定的な収入を得られる 3,リスクが限定的である 4,自己資金を抑えながら大きな投資が出来る 5,単なる投資に留まらない相乗効果が期待出来る これら5つを簡単に解説しますと、1,は経験者はお分かりと存じます。不動産は購入するまで煩雑な手続きを要しますが、購入後は運用にそれほど手間はかかりません。基本的には管理業者に任せることが可能です。2,は家賃収入による収益が見込めます。収益の上がる物件を見極め投資すれば、家賃収入だけで暮らすことも可能です。 3,は実物資産で人間が居住するための不動産なので、他の商品に比べリスクをコントロールすることが可能です。 4,は借入金による投資が可能という意味で、これは不動産投資の魅力の一つです。5,は不動産オーナーとしての運用実績が信用となり、次の物件を買うときにプラスに作用し、不動産を所有することによって節税の手段も持てることになります。

不動産投資のデメリットは?


1,空室のリスク 2,家賃滞納のリスク 3,物件の老朽化 4,金利変動による返済額の増加リスク 5,流動性の低さ です。 1,と2,はご承知の通り、不動産投資は家賃収入が融資返済の原資となるため、空室や家賃滞納の事業に与える影響は非常に深刻です。こうならないよう、物件選びと入居者の審査、場合によっては一括借上げ契約や家賃債務保証会社の利用を導入すべきでしょう。3,も資産価値の低下を意味するので、定期的、中長期的なメンテナンス修繕が欠かせません。4,は出来るだけ投資金額に対する融資調達額の比率を下げることが理想的です。融資金利も変動金利型と固定金利型の比較をしながら慎重に検討すべきでしょう。5,はすぐに現金化できないというリスクです。

以上のメリット・デメリットを考慮した上で「投資の出口戦略」を検討するのも「投資家」としての判断になります。

この記事を書いた人
鈴木 光浩 スズキ ミツヒロ
鈴木 光浩
埼玉県加須市で24年間不動産に関わる事業、取引を続けてきました。 最近は公益社団法人の理事職も兼任しています。還暦も過ぎたので 頑張らず、我慢せず、根性持たずのゆるゆるペースが仕事の基本ですが、 不動産売買の本質、賃貸不動産経営の本質的な問題について理解した上で 各種コンサルティングを日々行なっています。自分自身で収益物件の購入・ 売却、賃貸経営を実践しています。失敗も成功も経験ありますので案件に 適した提案が出来ると思います。趣味は心身の健康書籍の読書と将棋観戦。 世の中で起きていることを見ること、聴くことが好きで、好奇心に満ち、 ときたま書くことや写真を撮ることに夢中になります。
arrow_upward