(本店)09:00 - 17:00(花崎店)09:30 - 17:30
(本店)月曜定休(花崎店)木曜定休
2017年07月18日
オーナー様用役立ち情報

優良な管理会社を味方につけるには?


賃貸市場の競争が激化するにつれ、管理運営の善し悪しによる賃貸経営の差がはっきりとしてきました。優秀な管理会社と組むことこそが空室損失を最小限にする要です。

管理業者選びのポイント


業者選びのチェックポイントの中から代表的なものを以下10ポイント挙げます。

1,反応が早い 2,地元の情報に精通している 

3,自社の実績を数字・指標で説明できる 4,総合的なコンサルタントが出来る

5,レポーティング(文書による報告・説明)能力がある

6,クレームなどのマイナス情報も伝える 7,お客様に信頼されている

8,情報化(ITC)が進んでいる 9,オーナーの立場に立って仕事をする

10,管理戸数が多い(1000戸以上)

まとめると、賃貸管理部門に会社の重点を置いている会社という事になります。

不動産会社と言ってもそれぞれに得意分野がある


一口に不動産会社といっても各社それぞれの得意分野や重点分野、経営理念の違い等はあります。

高額の不動産を取引して高額の仲介手数料を狙う「売買仲介専門店」や一般の消費者から出来るだけ安く不動産を買い入れ、自社で追加工事、リフォーム施工して高く販売する「買い取り再販業者」、大手管理業者の家賃が高い物件を重点的に仲介して手数料の他、ADや促進費等1回の仲介で業法以上の報酬を得る「賃貸仲介専門店」自社で土地を仕入れ建物を建築して分譲販売する「住宅分譲業者」、これらの会社に比べて「賃貸仲介管理」を専門とする会社は地味ですが、管理の分野では経験と実績が豊富なので、様々な課題に対応する能力と意欲があります。

不動産会社ごとの主要事業分野をよく調べた上で、ご自分の空室物件の管理について相談に行かれるほうが宜しいと思います。

この記事を書いた人
鈴木 光浩 スズキ ミツヒロ
鈴木 光浩
埼玉県加須市で24年間不動産に関わる事業、取引を続けてきました。 最近は公益社団法人の理事職も兼任しています。還暦も過ぎたので 頑張らず、我慢せず、根性持たずのゆるゆるペースが仕事の基本ですが、 不動産売買の本質、賃貸不動産経営の本質的な問題について理解した上で 各種コンサルティングを日々行なっています。自分自身で収益物件の購入・ 売却、賃貸経営を実践しています。失敗も成功も経験ありますので案件に 適した提案が出来ると思います。趣味は心身の健康書籍の読書と将棋観戦。 世の中で起きていることを見ること、聴くことが好きで、好奇心に満ち、 ときたま書くことや写真を撮ることに夢中になります。
arrow_upward