(本店)09:00 - 17:00(花崎店)09:30 - 17:30
(本店)月曜定休(花崎店)木曜定休
2017年07月14日
賃貸管理の舞台裏

リフォームしたばかりの部屋なのにカビ?


約1年前に3DKを2LDKに間取変更して内装フルリフォームしたお部屋はさすがに、すぐ決まりましたが、その入居者から「布団がカビてるんですけどー。」とのお電話が…

電話を受けて早速スタッフが部屋に伺ったところ


玄関ドアを開けた途端に何か湿っぽい空気が感じられて、床を見ると布団が敷きっぱなし!これがいわゆる「万年床」という風景ですかね。頻繁に窓を開けて空気を入れ替えている雰囲気が感じられないし、浴室、洗面所のドアが開いたままだし、いくら新品のフローリングに替えたナイスなお部屋もこれではね。布団はあげてベランダで干して部屋を広く使えるように助言したそうです。

室内に置かれた熱帯魚の水槽にも要注意


契約書には「小動物(金魚等)を除いてペット飼育禁止」とは記載しておりますけれど…、あらためて見ると水槽って結構大きいんですね。「最近地震が良く起こりますけれど水槽から水がどっとこぼれて下の階に水漏れしたら、きちんと賠償責任と床材補修の負担よろしくお願いしますよ。」一応助言はさせて頂きました。

全て程度問題だとは思いますが、木造建物の2階の住戸に住むのだったら、少し下階の家族への配慮はして頂けるとありがたいですね。

この記事を書いた人
鈴木 光浩 スズキ ミツヒロ
鈴木 光浩
埼玉県加須市で24年間不動産に関わる事業、取引を続けてきました。 最近は公益社団法人の理事職も兼任しています。還暦も過ぎたので 頑張らず、我慢せず、根性持たずのゆるゆるペースが仕事の基本ですが、 不動産売買の本質、賃貸不動産経営の本質的な問題について理解した上で 各種コンサルティングを日々行なっています。自分自身で収益物件の購入・ 売却、賃貸経営を実践しています。失敗も成功も経験ありますので案件に 適した提案が出来ると思います。趣味は心身の健康書籍の読書と将棋観戦。 世の中で起きていることを見ること、聴くことが好きで、好奇心に満ち、 ときたま書くことや写真を撮ることに夢中になります。
arrow_upward