(本店)09:00 - 17:00(花崎店)09:30 - 17:30
(本店)月曜定休(花崎店)木曜定休
2017年07月06日
賃貸管理の舞台裏

なぜ、自分の商品を磨かないのか?


八百屋さんでリンゴはかごに盛られて売られています。あるかごのりんごは良く磨かれて綺麗な光沢を出しているのに、あるかごのりんごは磨かれないまま鈍い光をたたえています。同じ値段だったら、あなたは、どちらのりんごを買いますか?

不動産も商品の一つ、ならば、どうして磨かない?


まったく、その通りです。取引を希望する商品であるならば、自分の商品をいかに良く見せるかに心を砕くのがオーナーの努めです。共用部の定期清掃を行うとか、建物外壁が何となくくすんでいるように見えたら塗装を頼むとか、廊下や駐車場の外灯が暗めに感じたらLED照明に変えたり、日々新たに日々少しづつ改良できるように注意するのが本来の心得です。

ご自分所有のアパートの近くに新築アパートや戸建ての住宅が出来たら、どんなデザインか、いかに見栄えを工夫しているのかをチラ見、のぞき見してみてください。いいものを常に観察して、自分の商品にいかに取り入れるかを考えて、一部をぱくって実践することが改良につながります。

色の組み合わせもデザインの1種


建物外観、共用部分、そして室内の仕上げ材。それぞれが色彩、配色と関わっています。無難に仕上げようとすると無難な仕上げの商品にしかなりませんが、他のアパートで見た仕上げ材やおしゃれな店舗、商店のデザインからヒントを得て、自分の商品に活かす意識を持てば、他の物件とはひと味違う「ユニークな部分」を付け加えることが可能になります。そのような意識や過程を総称して「商品を磨く」という行為になります。
この記事を書いた人
鈴木 光浩 スズキ ミツヒロ
鈴木 光浩
埼玉県加須市で24年間不動産に関わる事業、取引を続けてきました。 最近は公益社団法人の理事職も兼任しています。還暦も過ぎたので 頑張らず、我慢せず、根性持たずのゆるゆるペースが仕事の基本ですが、 不動産売買の本質、賃貸不動産経営の本質的な問題について理解した上で 各種コンサルティングを日々行なっています。自分自身で収益物件の購入・ 売却、賃貸経営を実践しています。失敗も成功も経験ありますので案件に 適した提案が出来ると思います。趣味は心身の健康書籍の読書と将棋観戦。 世の中で起きていることを見ること、聴くことが好きで、好奇心に満ち、 ときたま書くことや写真を撮ることに夢中になります。
arrow_upward