(本店)09:00 - 17:00(花崎店)09:30 - 17:30
(本店)月曜定休(花崎店)木曜定休
2017年10月18日
賃貸管理の舞台裏

入居者に人気の設備第一位は?


全国賃貸住宅新聞10月16日号に掲載された「入居者に人気の設備ランキング2017」で単身者向け・ファミリー向け物件ともに堂々の第一位は【インターネット無料】でした。

この設備があれば周辺相場より家賃が高くてもOK


全国の不動産会社372社から回答を得た結果ですから、日々お客様との会話の中で汲み取った情報と言えます。単身者向けとファミリー向けともに第一位に選ばれていますから、これはオーナー様にとっては見逃せない設備とも言えるでしょう。数年経つと逆にインターネット無料環境がある物件が普通になってくる可能性もあるかもしれません。

さらに言えば、インターネット回線の種類も従来の「LANケーブル+」の形式から「無線WiFiサービス」の方に人気が移りつつあるという事です。自宅で使用する端末が場所を取るデスクトップパソコンやノート型パソコンよりタブレット、スマホを使用する型が増えていることが背景にあります。

 

ネット回線導入の先にはIOT機器導入への発展も


あらゆる家電をインターネットに接続することが将来出来るようになり、ネット環境下であれば自宅の家電を遠隔操作することも可能になります。さらにIOT機器は留守中に人感センサーを作動してスマホに警報を届けるなどが可能になり、防犯面にも非常に役立つ発展性を含んでいます。

今後の賃貸住宅はIOT機器が利用できる環境があるかないかで二極化していくかもしれません。

この記事を書いた人
鈴木 光浩 スズキ ミツヒロ
鈴木 光浩
埼玉県加須市で24年間不動産に関わる事業、取引を続けてきました。 最近は公益社団法人の理事職も兼任しています。還暦も過ぎたので 頑張らず、我慢せず、根性持たずのゆるゆるペースが仕事の基本ですが、 不動産売買の本質、賃貸不動産経営の本質的な問題について理解した上で 各種コンサルティングを日々行なっています。自分自身で収益物件の購入・ 売却、賃貸経営を実践しています。失敗も成功も経験ありますので案件に 適した提案が出来ると思います。趣味は心身の健康書籍の読書と将棋観戦。 世の中で起きていることを見ること、聴くことが好きで、好奇心に満ち、 ときたま書くことや写真を撮ることに夢中になります。
arrow_upward