(本店)09:00 - 17:00(花崎店)09:30 - 17:30
(本店)月曜定休(花崎店)木曜定休
2017年09月18日
オーナー様用役立ち情報

遺言書で残す遺言事項とは?


遺言書とは法律的に、誰にどの財産をどれだけ相続させるかを伝えるものです。法定相続分に従わなければならないと勘違いされる方も多いのですが、遺言書の内容は法定相続分に優先することになっています。

遺言書を書かないと


「自分の財産は法定相続分づつ相続させればいいから、自分は遺言書を書かない」という方もいらっしゃいます。ところが、これも遺言書がない場合は自動的に法定相続分で財産を分けるわけではありません。法定相続人全員が話し合い(遺産分割協議)、それぞれの取り分を決めることになります。

ところが、取り分を話し合いで決めるとなると、相続はまず揉めると思って間違いありません。ですから残された家族に迷惑をかけたくないなら、遺言書を書くことをお勧めします。

遺言書による意思表示


遺言書で財産をすべて洗い出し、誰に何を相続させたいかを自身で指定すれば、皆さんにとっても財産を希望通り引き継がせることが出来ます。

さらに遺言書を書けば、法定相続人以外にも財産を残すことが出来ます。(遺言書がなければ、法定相続人しか財産を相続することができません)たとえば、基本的にはお子さんの配偶者は法定相続人になれませんが、「自分の面倒をよくみてくれた長男の嫁には、少しでも財産を残したい」と思うなら、その旨を遺言書に書いておけば、法定相続人ではない長男お嫁にも財産を残すことができます。

ペットを家族同然に思っている方多く、海外ではペットに相続させる方法もあるようですが、残念ながら日本の法律上、相続が出来るのは「人」だけで、ペットへの財産相続はできません。

この記事を書いた人
鈴木 光浩 スズキ ミツヒロ
鈴木 光浩
埼玉県加須市で24年間不動産に関わる事業、取引を続けてきました。 最近は公益社団法人の理事職も兼任しています。還暦も過ぎたので 頑張らず、我慢せず、根性持たずのゆるゆるペースが仕事の基本ですが、 不動産売買の本質、賃貸不動産経営の本質的な問題について理解した上で 各種コンサルティングを日々行なっています。自分自身で収益物件の購入・ 売却、賃貸経営を実践しています。失敗も成功も経験ありますので案件に 適した提案が出来ると思います。趣味は心身の健康書籍の読書と将棋観戦。 世の中で起きていることを見ること、聴くことが好きで、好奇心に満ち、 ときたま書くことや写真を撮ることに夢中になります。
arrow_upward