(本店)09:00 - 17:00(花崎店)09:30 - 17:30
(本店)月曜定休(花崎店)木曜定休
2017年09月06日
賃貸管理の舞台裏

ゴミ屋敷残置物撤去完全終了!


保険関係の求償手続きが大変でしたが、何とか事実認定され保険特約の金額を利用して大家さんに負担をかけることなくゴミ含め残置物完全撤去できました。

撤去作業見積書作成が難航


故人の位牌やプラーベートな物品も引き取り手が無いこともあり、産廃処理業者からは、それらを除いての見積しか出せないと言われたり。個人事業的な便利屋さんでは見積書を作ったことが無いので「メモ」程度でいいですか、と言われたり、現実的な状況に対応できる業者さんはたくさんいるわけではない、という事がわかりました。

最終的に2社が見積書を提出し、それほどの金額差はありませんでしたが、先着順という事でA社に作業を発注しました。支払は保険金入金次第という条件です。

作業完了後約2週間で代金も精算


心配された保険会社本部からの追加書類提出も無く、無事保険金精算の運びと成り、本日業者との作業代金精算も完了。これで、次の入居者募集に向けた準備業務が可能になります。オーナー様にとって、契約終了後になかなか原状回復できないのは心配でしょうが、保険求償の場合も、本人の残置物を引き取る方が見つかるまでの期間として「1ヶ月間」を設定されているため、待機期間+作業実施期間は募集のためのリフォーム見積が出来ません。

でも、空室期間の損失を最小限に留め、残置物撤去費用の負担がオーナー様にかからない処理方法があったことは不幸中の幸いだったと言えましょう。

この記事を書いた人
鈴木 光浩 スズキ ミツヒロ
鈴木 光浩
埼玉県加須市で24年間不動産に関わる事業、取引を続けてきました。 最近は公益社団法人の理事職も兼任しています。還暦も過ぎたので 頑張らず、我慢せず、根性持たずのゆるゆるペースが仕事の基本ですが、 不動産売買の本質、賃貸不動産経営の本質的な問題について理解した上で 各種コンサルティングを日々行なっています。自分自身で収益物件の購入・ 売却、賃貸経営を実践しています。失敗も成功も経験ありますので案件に 適した提案が出来ると思います。趣味は心身の健康書籍の読書と将棋観戦。 世の中で起きていることを見ること、聴くことが好きで、好奇心に満ち、 ときたま書くことや写真を撮ることに夢中になります。
arrow_upward