(本店)09:00 - 17:00(花崎店)09:30 - 17:30
(本店)月曜定休(花崎店)木曜定休
2017年08月10日
オーナー様用役立ち情報

独居老人から持ち家を売らせるブツ上げ屋


「ブツ上げ」とは不動産業界の隠語で「所有者から物件を上げてくる(売りに出させる)」という意味です。最近一人暮らしのお年寄りを標的にするブツ上げ屋が出没しているようです。

振り込み詐欺から派生したグループが狙っている


振り込め詐欺グループの荒らしすぎで詐欺の対象になる現預金を持っている高齢者が減ってきています。しかし、現金はないけれど持ち家はあるというお年寄りならまだまだ沢山いらっしゃる、というわけで、振り込め詐欺の掛け子(仕掛け人)グループが持つ名簿にはカネを取ることができなかった「×」印の対象者がずらりと並んでおり、その横には年齢、家族構成、持ち家の個人情報がびっしり書き込まれているそうです。

その名簿の中から持ち家に住む独居高齢者に電話をかけていきます。

先行きの不安を抱えている心理を巧みに突かれる


「あなたの家をすぐにでも買いたいという人がいます。」と買い手が既にいることを匂わせるのが手段で、貯蓄の少ない独居老人ほど先行きへの不安を抱えているので現金収入を渇望している心理に付け込むのです。

お金さえあればすぐにでも老人ホームに入りたいと考える独居老人は多いので、「自宅を売って頂ければ、提携している唐人ホームがあるので私に任せてくれれば格安で斡旋できますよ。」という方便でまるめこむ。

話に乗ってきたらグルになっている偽の不動産業者と偽の買い手も連れて行き売買契約。相手を信頼させて、偽の手付金を10万円から50万円の現金束を目の前に置く。ところが、手付金だと思った金額が実は契約書の売買代金で、嘘みたいな安値の契約書でろくに中身を説明せずに署名捺印させてしまうやり方だそうです。

ブツ上げした土地建物は転売


買い上げた不動産はアパート経営を手がける専門の買取り業者が買い取ってくれるので仲介手数料の数倍の儲けで右から左へ売りさばいているそうです。このような被害に遭った高齢者は家を奪われ、契約の無効を訴え、損害賠償請求は出来るのでしょうか?手付金の数十万円で弁護士を雇って提訴する気力や能力を持ち合わせていない方が大半でしょう。アパート建築の悪質営業と並んで高齢者に酷い取引を強いるブツ上げ業者は公権力で取り締まるべきではないでしょうか?
この記事を書いた人
鈴木 光浩 スズキ ミツヒロ
鈴木 光浩
埼玉県加須市で24年間不動産に関わる事業、取引を続けてきました。 最近は公益社団法人の理事職も兼任しています。還暦も過ぎたので 頑張らず、我慢せず、根性持たずのゆるゆるペースが仕事の基本ですが、 不動産売買の本質、賃貸不動産経営の本質的な問題について理解した上で 各種コンサルティングを日々行なっています。自分自身で収益物件の購入・ 売却、賃貸経営を実践しています。失敗も成功も経験ありますので案件に 適した提案が出来ると思います。趣味は心身の健康書籍の読書と将棋観戦。 世の中で起きていることを見ること、聴くことが好きで、好奇心に満ち、 ときたま書くことや写真を撮ることに夢中になります。
arrow_upward