(本店)09:00 - 17:00(花崎店)09:30 - 17:30
(本店)月曜定休(花崎店)木曜定休
2017年07月01日
賃貸管理の舞台裏

「地方消滅」という言葉に抗いながら賃貸管理を続ける意味


人口減少、空き家問題、少子高齢化、地方消滅が囁かれる最近の報道の中、賃貸管理業務を続ける意味は?生活の基本となる資本財=住宅を有効に活用して公益に貢献するものです。

首都圏と地方都市間の格差問題は確かにありますが、何か?


同じ間取り、広さの賃貸アパートマンションでも成約家賃の相場は天と地ほどの格差があるのが、首都圏と地方都市の違いです。

なのに、どうして、土地持ちのオーナー様はこれだけ家賃水準が低い地方でアパート新築の話に乗っかってしまうのでしょう?

同じ2LDKのファミリータイプで東京都内と加須市内の家賃は2倍近く離れているのではないでしょうか?

それでは、新築アパートの建築費用は東京都内の半分で済めば良いのでしょうが、全国各地で建築受注を展開しているハウスメーカーは地方都市だからと言って建築費を特別価格で提供する事は絶対にありませんね。

ですから、高い建築費でアパマンを新築しない限り、まだ採算のとれるアパート経営を企画することは可能な話なのです。

賃貸不動産管理について知見が少ないオーナー様をサポートする機会はまだ増えていく


賃貸住宅は公共的社会的な資本財である一方、賃貸不動産経営について不慣れなオーナー様が多いのも、この業界の不思議な点です。最初から最後まで他人任せで会社をうまく経営できる中小企業の社長さんは何人いるのでしょうか?

私ども賃貸不動産管理の専門会社は地域内の住宅系賃貸不動産を対象として賃貸不動産オーナー様の賃貸経営をお手伝いしています。

世の中の一般的な経済動向は消費税増税以降成長しておりませんが、入居者を見つける事事態が難しくなっている今こそ、弊社の出番は多くなるものと信じて仕事を行っています。

賃貸経営は決して「他人事」ではありません。「自分事」として当事者意識をもって、

経営の各数値を良くしていくために何をすべきかをご相談頂きたいのです。

株式会社加須不動産のHPはこちらです!

この記事を書いた人
鈴木 光浩 スズキ ミツヒロ
鈴木 光浩
埼玉県加須市で24年間不動産に関わる事業、取引を続けてきました。 最近は公益社団法人の理事職も兼任しています。還暦も過ぎたので 頑張らず、我慢せず、根性持たずのゆるゆるペースが仕事の基本ですが、 不動産売買の本質、賃貸不動産経営の本質的な問題について理解した上で 各種コンサルティングを日々行なっています。自分自身で収益物件の購入・ 売却、賃貸経営を実践しています。失敗も成功も経験ありますので案件に 適した提案が出来ると思います。趣味は心身の健康書籍の読書と将棋観戦。 世の中で起きていることを見ること、聴くことが好きで、好奇心に満ち、 ときたま書くことや写真を撮ることに夢中になります。
arrow_upward